指定の無いページ

ごあいさつ

日頃より当法人の運営にあたりまして格別のご支援とご協力を頂き厚く感謝を申し上げます。
社会福祉法人には社会福祉法人の本来の使命にもとづき、公益性の高い福祉経営を目指すことが期待されています。
具体的には、ガバナンスの強化に取り組み、公益性の高い法人であることを意識し、
質の高いサービス提供と効率的な経営により社会福祉事業への再投資、地域公益活動につなげていくことです。
以上のことを踏まえて慶信会は役職員一同力を合わせ次の事にチャレンジを続けていきますので
今後とも「慶信会」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人 慶信会 理事長 甲斐紀代美

理念・方針

イメージ画像:質の高いサービス

質の高いサービスを提供します

昭和55年の創立から現在に至るまで、利用者の方々に「人の大切さ」「苦しさが喜びにかわる瞬間」を意識して支援してきました。一人ひとりをよく知って個性にあった支援を行うことはいつの時代にあっても大切なことであり、これからも利用者の方々の様々な表現や可能性を最大限に伸ばすことを常に忘れずに努力し続けたいと思います。

イメージ画像

公益性の高い福祉経営を目指します

児童期から高齢期まで、利用者の方々とそのご家族のライフステージにおけるニーズを考えた時、多機能なサービスを提供する現在の慶信会の姿になりました。これからも利用者の皆さんと共に生き、働き、憩い、そして新たな出会い、楽しみが持てる人生を目指して困難な試練をもプラスに変換する思考で常に前に進んでいきます。

イメージ画像

人材は人財であることを忘れません

慶信会で働く経験豊かな職員も、若い職員もその能力が活かされるような働く環境に配慮し、「尊敬」や「感謝」を大事にできるさらに頼もしい集団になるよう努力していきます。